宿根草の共演

  • 2013.07.11 Thursday
  • 23:19

グラハムトーマスという黄色いバラをはじめ、様々な薔薇と宿根草が印象的なお宅にお邪魔させていただきました。 
なかなか上品に「黄色」を使うのは難しいと思うのですが、
ここのお庭では様々な色がありながらしっくりとまとまっている印象を受けました。


「黄色」のバラに反対色の鮮やかなブルーのデルフィニウムは引き立て合います。
お庭の中には淡いピンクのバラや紫系のクレマチスもあり色数がホントに多いのですが、宿根草のグリーンの濃淡&葉の形のバラエティ&レースフラワーなどの白い小花系がミックスされてる事で全体がなじみまくってました


そう広くないスペースなのですが、御主人手作りのプロ顔負けのオベリスクで高さのあるものを上手く配置してます。
迷路のようでありながら風通しもしっかりと確保。
・・・このオリジナルのオベリスクやアーチ、うらやましいです

トリムさんのお客様ですが、やっぱりここも最初の土壌改良がすべてだと仰ってました。
あと、ニーム!適量をきちんと使うことで病害虫に強くなると。
薔薇のお庭にはやっぱりニームなんですね。

スポンサーサイト

  • 2020.01.21 Tuesday
  • 23:19
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    ツイッター

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM